【500g】コロンビア・インフュージョン、アナエロビック、樽熟成

【500g】コロンビア・インフュージョン、アナエロビック、樽熟成

販売価格: 5,000円(税別)

(税込: 5,400円)

この商品は軽減税率の対象です。

在庫数 18点

商品詳細

【インフュージョン,アナエロビック,樽熟成】

 コロンビア生豆 500g  

 *数量限定商品*

 

今までのコーヒー豆の香味とは明らかに一線を画す!

生豆の状態で、独特な甘い香りを放ちます♪

社内においても賛否両論あり、ハマる人がいれば、これコーヒー?となる人も!?

 

昨今、コーヒー業界にて話題になりつつある【インフュージョン】で、(説明は後述)

さらにアナエロビック】+樽熟成】と、盛りたくさん!!

新たな製法がこれでもか!!と組合せられた生豆は、弊社が知る限り現時点ではこの生豆のみです☆

ものすごく希少で貴重で且つ物議を醸すであろう生豆を、ご自身で焙煎し、ぜひご堪能くださいませ!!!

 

【インフュージョン】

コーヒー以外の食物から香りやフレーバーを移した生豆。

発酵槽にフルーツや果汁などの添加物を直接加え、更に酵母や微生物を投入し人工的に味付けを行う製法。

目指す香味によって、ナチュラル(天日式)、ウォッシュド(水洗式)の使い分け、さらに好気性や嫌気性(アナエロビック)の使い分けから、発酵に要する時間は数十時間から数百時間、シトラス、ミント、サトウキビや様々なフルーツ等、添加物も多岐にわたります。

もはや、これ(インフュージョン)は、本来のコーヒーとして認めても良いのか?賛否両論があり、各地域で行われる品評会では、インフュージョン豆は禁止されているとの事。

コーヒーの可能性を模索し、革新的な発酵方法を追求していく事は、決して悪い事ではないと考えます。

現時点では、まだ認知度も低く生産量も限られていますが、数年後の展開はどうなっているでしょうか???

 

【アナエロビック】

近年、コーヒー業界で注目される新たな精製方法を用いたコーヒーです。

正確には「アナエロビックファーメンテーション」と言い、日本語では「嫌気性発酵」と訳されます。

Anaerobic Coffeeは、コーヒーチェリーを酸素をなくした状態で(タンクや容器などで空気を遮断)発酵させるコーヒー製造法。

通常のコーヒー豆の精製は、Washed(水洗式)かNatural(天日式)のどちらかで、いずれも酸素が必要ですが、

Anaerobic Coffeeでは上記の説明の通り、精製過程において酸素がない状況を作り出します。

 この製造方法によって生じる下記のような独特な風味・香りが特長です

・コーヒーの果実感(強いフルーティー感)

・ワインのような香味

・シナモンのよう

・花の香り

 

【樽熟成】

コーヒー生豆を、使用したウイスキーやワイン樽等に入れて熟成させる事で、その香味を穂香に添加させる製法。

使用する樽によって、香味が異なる。

樽=バレル、熟成(貯蔵)=エイジドで、「バレルエイジド」と表現されることもあります。

 

 

さて、商品説明が大変長くなりましたが、今回のこの生豆は、

インフュージョンを用い(今回は穀物をベースに、少量のウイスキー加えた)、アナエロビック(嫌気性発酵)後に、樽で熟成させ、ナチュラル製法(天日式)のコロンビア産の生豆となります!!

賛否両論があるインフュージョンですが、ぜひ一度お試しあれ♪ 

 

 

 

 

 

 

他の写真

レビュー

0件のレビュー